学生ボランティア体験談
本校では、毎年、教職を目指す大学生の方に「学生ボランティア」として
授業の補助や、部活動の指導をお願いしています。
次の体験談は22年春からボランティアとして活躍している花岡さんの体験談です。

    

「自分が先生になったとき」を実感できるボランティア
                   日本大学文理学部教育学科理科専攻 
                                花岡 大輔 
 私は将来、中学校の理科の教員を目指しています。そこで、少しでも教員の仕事を身近に感じたくて、2010年4月に豊野中学校の「学生ボランティア」に応募しました。
 実際の活動は授業見学や実験の補助がメインです。具体的にいうと、演習の途中でつまずいている生徒や、実験操作がわからずに先に進めていない生徒に個別対応して、生徒たちの課題解決のお手伝いをしています。
 その他にも、生徒たちと一緒に掃除をしたり、給食を食べたりと、毎回とても楽しく活動させていただいています。
 本気で教員を目指している方、教員の仕事をこんなにも身近に感じられるのは、この豊野中学校での「学生ボランティア」だけだと思います。皆さんも是非ご応募下さい。
花岡さんは、現在都内の大学に通う4年生、このホームページを見て
学生ボランティアに応募してくれました。
いつも笑顔で活き活きと活躍する花岡さんの周りには、生徒の輪が出来ています。
教員を目指す、大学生の皆さんのご応募をお待ちしています。